>コラム>事故車でも下取り可能!賢く売って新車を手に入れよう

事故車でも下取り可能!賢く売って新車を手に入れよう

事故車

事故車の判断基準

車を運転していて事故にあった時は、何らかのトラブルが発生します。簡単な問題ならばよいのですけど、内部まで壊れてしまった時は価値が低くなります。下取りを頼む時に事故車の評価は低く、場合によっては頼めない場合もあります。問題のある車は処分が難しいため、判断基準を知っておくのは大切です。事故車かどうかが決まるのは故障の程度で、表面が多少おかしいだけならば問題ありません。傷やへこみ程度ならば普通の車として、取引してくれるので安心です。普通の車として取引をしてくれないのは、フレームが歪むなどの根本的な問題がある場合です。このような異常は基本的には直せないため、事故車として下取りを依頼するしかありません。

お金と車

下取りで購入費用を抑える

交通事故にあって車が故障した時に、新しい車を買うならば下取りを検討するべきでしょう。新車を購入する時の負担を、減らせるので効果的な方法です。事故車は普通に売ると価値が低く、良い条件で処分するのは難しいです。ただ依頼する会社によってはいい値段で売れるので、利用する所をよく選ぶ必要があります。高い値段で下取りを頼める所としては、その車を購入したお店ならば相談できます。購入したお店は信頼関係があるので、事故を起こした車でもいい値段で引き取ってくれます。また事故を起こした車の下取りを、専門にしている会社に依頼するやり方もあります。普通のお店に比べて査定額が高くなるので、事故車の処分をしたい時に使えます。

広告募集中